治療ができるのは

インプラントは、健康な方に適用可能な手術です。
歯科であっても、治療そのものは外科の分野に入ります。
ですから、すでに病気を持っている方、循環器系、呼吸系疾患などの方、糖尿病や骨粗しょう症、肝臓や腎臓などの機能障害がある方は、主治医の許可も必要です。
また、服用している薬によっては、すぐに手術ができないこともあります。

口腔内の疾患として、歯周病のある方、喫煙されている方などは、インプラント治療そのものの効果を弱めるとされていて、歯周病は完全に治し、喫煙家は禁煙をしてからでなくては治療を開始できないことになっています。

インプラント治療の際にカウンセリングを行なった上で、現在の体調や罹患している病名、服用している薬などを聞かれることになり、一つでも悪条件があることで、すぐに治療できないことがあります。
骨粗しょう症などの場合は、骨の造成も行なったりしなければならないこともあります。

ですが、完全にダメということではなく、インプラント治療に合う条件が揃うことで、主治医などの許可、禁煙などの制約を遵守できるのであれば、改めてインプラント治療を行うことは可能です。
ですから、カウンセリングの時は嘘偽りなく、すべてを申告し、主治医などに相談することも必要です。

折角のインプラント治療が無駄に終わらないよう、この先一生持ち続けることができるためには、あらゆる条件をクリアしなければならないことですから、簡単に治療ができない方も存在するのは当たり前でしょう。